« PEAR::DBでOracleをもうちょっと便利に(1) | トップページ | 最近のかしまし »

2006年1月24日 (火)

PEAR::DBでOracleをもうちょっと便利に(2)

続いて、DB_DataOcjectがOracleのViewを見つけてくれるようにするためのHackです。

DB_DataObjectには、ジェネレータに渡す設定ファイルにbuild_viewsといって、ViewについてもTableと同じようなクラスを自動生成させるオプションがあるのですが、PostgreSQLなど一部のRDBMSにしか対応しておりません。それをOracleでもできるようにしよう、という修正です。

前回のパッチがあたっていることを前提に、

DB/oci8.php
1111,1112d1100
<             case 'views':
<                 return 'SELECT view_name FROM user_views';

これだけです。

|

« PEAR::DBでOracleをもうちょっと便利に(1) | トップページ | 最近のかしまし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161557/8315047

この記事へのトラックバック一覧です: PEAR::DBでOracleをもうちょっと便利に(2):

« PEAR::DBでOracleをもうちょっと便利に(1) | トップページ | 最近のかしまし »