« 2007年6月 | トップページ | 2008年5月 »

2007年8月16日 (木)

.NET1.1でレジストリに空文字列を書くとVC++で読めない

気がついたら前回の記事から1ヶ月半経っている……

.NET 1.1(C#)だと、レジストリアクセスはだいたい以下のような感じになります。

RegistryKey hKey = Registry.CurrentUser.OpenSubKey("キーの名前", true);
hKey.SetValue("Test", "A");
string result = (string)hKey.GetValue("Test");

ちなみに、SetValueの2番目の引数と、GetValueの戻り値はともにObject型です。

通常であれば、上のコードを実行すると、resultには「A」が入ります。当たり前ですが。
また、値を空にしようとして空文字列をセットすると、resultにも空文字列が入ります。
「何を当たり前のことを」とお思いでしょうが、本題はここからです。

続きを読む ".NET1.1でレジストリに空文字列を書くとVC++で読めない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2008年5月 »